So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

ライザが旅立ちました。今までありがとうございました。(2016.11.11)

6月の更新から5ヵ月が経ちました。
突然、こんなお知らせですいません。ライザは11月3日、11歳8ヵ月
で旅立ちました。

暑い夏が終わった9月の下旬、右前足と後左足の腫れに気づき胃捻転手
術でお世話になったVCJ動物医療センターに連れて行き検査をしてもら
ったところ、癌による血小板減少症と診断されました。3月の検査では、
全くなかった癌が肺等の臓器やリンパにも転移していました。

その後も元気で過ごせる日もありましたがだるそうな日もありました。
癌治療は無理な段階なので、病院の先生と相談のうえ癌の痛みをできる
だけ取り除いて過ごせるようにペインコントロールをしていくことにな
りました。人の癌患者にも使用するデュロテップというパッチを身体に
貼ることになりました。5日間の効能がある薬剤で5日毎に張り替えで
受診していきました。
すでに自力での歩行はできなくても、副作用もなく痛みが緩和されてい
たのか、苦しそうな様子もなく亡くなる2日前まで食事もとれました。

亡くなる前日から何度か下血があり歯茎・舌は真っ白になっていました。
最後は、ととに抱かれ、かかに見守られながら旅立っていきました。
最後まで大好きな家で過ごさせてやれたことと、最期を看取ってやれた
ことで「とと&かか」はよかったと思っています。

  
今日は最後のブログなので、ライブラリーから目についた写真を掲載さ
せていただきます。
特段、どうという写真ではないのですが、「とと&かか」が載せたいと
思った写真です。お付き合い下さい。

        no1.jpg
ライザの元気な顔です。いつもながら可愛いと思います。

     no2.jpg
ライザがレスキューされて、里親募集に載ったときの写真です。
今から10年前になります。

     no3.jpg
大好きな原っぱで、「とと」とボール遊びをするライザです。
つややかな被毛と、健康的な身体が綺麗でした。

     no4.jpg
一遊びした後の、満足げな顔のライザです。

     no5.jpg
ぐっすり眠っているライザです。
「とと&かか」にとっては、ライザの寝顔も可愛いのです。
ばっ飼い主ですね。

     no6.jpg
花見に行って、喜んでいるライザです。
嬉しいときの顔がとても印象的でした。

     no7.jpg
元気いっぱい、全身を使って走る姿はとても綺麗でした。

     no9.jpg
広い原っぱが大好きで、連れて行ってやるととても嬉しそうでした。

     no10.jpg
逆さ富士とライザ、よくこの公園を散歩して写真を撮りました。

     no11.jpg
弟分のファルマとボール遊びをして満足げなライザです。 
ボール遊びが大好きなライザでした。

     no12.jpg
腰が動かなくなっても、ボール遊びは大好きでした。

     no13.jpg
癌とわかった後ですが、身体は辛かったろうに、それでもボールをもら
うと今までと同じに生き生きとした顔をするライザでした。

     no15.jpg
11月3日、ととに抱かれて息を引き取りました。
11月7日に大好きなボールと好物の牛肉・チーズを持たせて火葬にし、
家に連れて帰りました.
知り合いの皆さんから、お花をたくさんいただき、綺麗に祀ることが出
来ました。
ありがとうございました。

     no16.jpg
ライザと暮らした10年は、とても充実した10年でした。
家族として、にぎやかに楽しく過ごせた事は「とと&かか」にとっても
またライザにとっても幸せだったと思います。

今までライザを可愛がって下さった方々に感謝の気持ちでいっぱいです。

つまらないブログでしたが、今日まで読んでいただいた皆様、
                    ありがとうございました。






ライザの近況報告です。(2016.06.05) [ライザの日常シリーズ]

ご無沙汰しておりました。2ヵ月ぶりの近況報告です。
仕事がバタバタしていたので更新をサボっておりました。
すいません。m(_ _)m

昨年の「椎間板脊椎炎」から早一年、今年の3月6日の「胃捻転」からは
3ヵ月経ちました。

現在のライザは、まだ後肢、特に右後肢が上手く動かせないので時々腰砕
けのような状態になりますが、元気印のファルマと一緒に散歩に行くまで
に回復してきました。

大好きな広場でボール遊びをするライザです。
顔は生き生きとしていると思いませんか。
1.JPG

5月の連休の時期には、ライザ地方の桜が見頃になります。
ライザ、あまり長い距離を歩くことは出来ないのですが、ファルマと
一緒にお花見散歩も出来ました。
2.JPG

ここは、しだれ桜が道の両側に満開になっているところで、とても綺麗
な場所です。ライザとファルマ、なかなか絵になっていませんか!
3.JPG

ファルマと一緒にボール遊びです。
ライザの身体の右側は胃捻転の手術の時の毛刈りからまだ十分回復して
いないので自慢のロン毛がありません。
4.JPG

でも、左側は以前のまま、毛づやも良くなり前脚のエルビスもふさふさ
です。
5.JPG

ボールを投げてやると、後肢が上手く動かないので跳ねるような格好に
なってしまうのですが、一生懸命追いかけてくれます。
右前方から戻ってくるのは、元気印のファルマです。ライザは遠くまで
ボールを追いかけることが出来ないので近くに投げて遊ばせますが、
ファルマは思いっきり遠くまで投げ、全力で走らせます。
ファルマは、とにかく疲れさせないと・・・・・・大変なのです!
6.JPG

この間ファルマの異父兄弟が来ました。4歳のお兄さん黒ラブです。
ハイパーのファルマが引くほど、超ハイパーなオプタ君です。
さすがのファルマも困っていました。
7.JPG


ライザは後肢のナックルが完全には直っていないので、アスファルト
散歩はゴムの靴を履きます。でも、前よりは足が上がるようになりつつ
あります。
少しずつでも、ゆっくりでも、良くなってくれているライザです。





ライザの快復状況とファルマの3歳の誕生日の報告です。(2016.04.04) [ライザの日常シリーズ]

ご心配をいただいた皆様、おかげさまでライザは回復の方向です。

術後は、痛くて痛くて「ピー!,ピー!」と泣いてばかりの弱虫ライザ
でしたが。一週間もすると傷の痛みも弱まり自分で排泄も出来る様に
なりました。
でも、チョット目を離した隙に傷口をなめてしまい、パックリと傷口を
開けてしまい、緊急で病院へ!(>_<)
大騒ぎをしながら再度縫ってもらいました。
あと一週間で抜糸だったのに!!!
抜糸が2週間伸びました。(^^;)
このためライザは、再縫合から2週間の間、ソフトエリザベスの刑にな
りました。

「これ、なんかうっとうしいわ。」:ライ
liza1.JPG

ライザ順調に快復に向かい、10日後ぐらいからは庭でボール遊びも出
来る様になりました。
もう一つ、驚きのことが!
胃捻転前より、後ろ脚の動きが少し良くなり、介助帯なしでも結構歩け
るようになり、ソファーにも自分で乗れるようになりました。
この調子で胃捻転も後肢も快復してくれるよう願っています。
liza2.JPG

さて、本日のもう一人の主役は、弟分のファルマ君です。
ファルマ君は、4月1日生まれ(誰ですか?「4月〇〇だ。」なんて言っ
ているのは。)で、満3歳になりました。(^^)/
「こんな「おっちゃん顔」ですが、可愛い盛りの3歳です。」:ファル
liza3.JPG

ライザ・ファルマ家恒例の、誕生日ステーキ
今年はファルマには、サーロインステーキを200gを焼いてあげました。
結構豪華そうに見えませんか!
liza4.JPG

ライザは手術後のため、先生から指定のドッグフード以外は食べさせな
いようにと厳しく指示が出ています。
でも、ライザが耳元で囁くのです。
「ステーキちょうだい、少しでいいからちょうだい。」と、ウルウルの
眼で見つめながら囁くのです。
ライザに弱い「とと」は、ライザ用に油の少ない、ランプ肉を150gほ
ど用意し、食べやすくかつ消化に良いように切り分けて食器に。

「これよこれ、病後快復にはステーキよね!」:ライ
liza5.JPG

落ち着きの無い、ハイパーテンションのファルマ君ですが、ライザ姉
さんの指導を受けながら、少しずつ、本当に少しずつなんですが落ち
着いてきたように思います。(希望的観測 大 )

「食べてもいい? よしって言って、よしって!」:ファル
(既に床はヨダレの海です。)
「おめでとう!!! ファルマ」
liza6.JPG

ここのところ辛い目にばかり遭っているライザですが、眼は生き生き
としています。
毛刈りをされて、冬場は寒いだろうからと「とと」のTシャツを着て歩
いているライザ姉さん。(「とと」もワンコとTシャツを共用すること
になるとは・・・・想像もしていなかったです。)
その姿からは、カッコ悪いなんてことより、なんとか身体を動かして
元に戻ろうと頑張っているように見えます。

一日でもライザとの楽しい日々が長く続くよう、これからも気をつけ
てあげるつもりです。

どうです、下の写真、生き生きとした眼、してるでしょ!
liza7.JPG

次回は、もっと快復しているライザの報告が書けるよう、ライザと頑張
ります。


ライザが胃捻転になってしまいました!(2016.03.08) [ライザの日常シリーズ]


ライザが胃捻転になってしまいました。

12041608.jpg

 3月6日(日)夜7時30分頃、ライザが急に吐きそうな仕草をし出
したのですが何ももどせず、気持ち悪そうに庭をフラフラと歩き回る
ようになりました。
 7時頃に与えた夕食を喉に詰まらせたのかと思い、腰の介助帯で支え
ながら暫く庭を歩き回ったのですが、何度か吐くそぶりはするのです
が何も出せませんでした。
 痛がるわけでもなく、ただ何か吐き出したそうに庭を歩き回るだけ
なのですが、具合の悪さが通常と違うように感じ、もしや・・・・
「胃捻転」といやな思いが浮かびました。

 「かか」にネットで症状を調べてもらうと、類似の症状が載っており
ました。「まずい!」仲間のシェパードが何頭かこの病気で・・・・、
すぐに行き付けの病院に電話をしたのですが日曜日のしかも夜、留守電
で「伝言を」とのメッセージ
 本当に胃捻転ならば一刻も猶予がないと思い、365日・24時間対
応の「VCJ動物医療センター」という動物病院が静岡県の御殿場に年末
開業したことを思いだし、一度も行ったことはないのですが、電話を
して見てくれるかどうかを確認。
 すぐ連れてくるようにとのことで、8時前には車に乗せて向かいまし
た。車中では、胃捻転でないようにと念じていました。

 病院に到着し、すぐに待機していてくださった先生や看護師の方が手
際よく血液・レントゲンなどの各種検査や診察をしてくださいました。
 結果が出るまで待合室で待つこと30~40分、どうか急性の消化不
良か何かであればと願っていました。

 面談室に呼ばれ、胃が完全に捻れてしまっていること、この状態だと
他の臓器にも影響が出ている可能性があること、手術以外に助かる方法
はないことを告げられました。
 また、緊急に対処しなければならないのが胃のガスを抜くことで、こ
のため挿管したが完全に捻れているため食道からは通らず、脇腹から直
接胃に穴を開ける別の手術が必要なこと、さらに、ガスを抜く挿管の手
術は今夜できるが、開腹して胃を元に戻し腹筋に固定する手術は外科の
専門医が行うので明日早朝になること、胃捻転は脾臓の壊死を伴う場合
が多いため、手術の際に執刀医の判断で切除することがある旨告げら、
どうするか判断を求められました。
 看護師さんから必要な処置と手術にかかる費用説明があり、よければ
確認書にサインをと言われました。
 その書類の合計金額欄を見ると、「え!・・・・・・・・」という金
額でしたが、ライザの命のため、サインをして自宅で結果を待つことに。

 家に帰り、11時頃に電話があり、胃の挿管手術はうまくいき、ガス
が抜け一つの山は超したとの連絡、後は明日手術後に結果を知らせると
のことでした。
 翌日、昼過ぎに電話があり手術は無事終わったこと、麻酔も順調に覚
めつつあること、また、発見が早かったので他の臓器への影響は割と少
なく、脾臓も摘出しなくてすんだことなどを連絡していただきました。

 当初予定ですと3日間の入院の予定だったのですが、なんと手術当日
の3時過ぎに執刀医から再度電話があり
「あの声、聞こえますか。(あ、ライザの要求吠えと、鼻泣きの声!)
麻酔から順調に覚めて術後は順調なのですが、家に帰りたがって騒いで
います。今日、迎えに来られますか?」(執刀医)
「え??今日退院できるのですか?大丈夫なのでしょうか?」(とと)
「大丈夫です。このまま入院していても騒ぎ続けて、却って体によくな
いと思います。」(執刀医)
「わかりました、では、これからすぐに迎えに行きます。」(とと)
 ということで、ライザは急遽退院して家に帰ってきました。

 しかし、2回の手術を受けた当日です。傷口は思っていた以上に大き
く、手術跡も痛々しげです。当然痛がり、鳴きます。
 いったん夜の9時頃には疲れ果てて眠ったのですが、夜中の12時頃
に痛みで目が覚め、明け方の4時頃まで泣いていました。
 可哀想なので、もう少し強い痛み止めはないのか夜中の3時近くでし
たが病院に電話をしたところ、夜中なのにとても丁寧に話を聞いていた
だきました。しかし、
「現在痛み止めとして貼っている薬はがん患者にも使う強力なモルヒネ
成分の薬で、これ以上強力な鎮痛薬はありません。痛みは今がピークの
はずなので、今夜はライザのそばに居てあげて安心させるとともに優し
く撫でるなどで元気づけてやってください。」
との指示をいただきました。
 痛みの波が来ると、その痛みの大きさに合わせて「ピー、ピー」と無
くライザを元気づけるのはつらかったです。
 でも、痛みのピークが過ぎたのか、泣き疲れたのか、明け方の4時過
ぎにはなんとか眠ってくれました。

 このまま順調ならば9日昼頃までは絶食で、それ以降流動食から徐々
に普通食へと回復治療をしていく予定です。
 抜糸までは2週間、普通食に戻るまでは3~5週間はかかると思いま
す。手術のために全身の毛の3/1は毛刈りされていて、これが戻るに
は優に半年以上はかかると思います。
 せっかく椎対炎を押さえ込み、後遺症のリハビリをしている最中なの
に、何度も痛い思いやつらい思いをして、可哀想なライザです。

 現在のライザはブログに写真を載せられるらような状態ではありませ
ん。体のあちこちは毛が無く、傷跡は大きく、何カ所も点滴や注射の後、
消毒の後、まさに満身創痍といった感じです。
 それで今回のブログの写真は以前の物を載せています。  
0富士とライザ.JPG

 でも、近いうちに、元気になったライザの報告と写真を載せられるよ
う、腰と下肢のリハビリをしながら、胃捻転の病後快復を頑張ります。
 待っていたください。

 


ライザの近況報告と、ライザ11歳になりました!(2016.03.04) [ライザの日常シリーズ]

ながらくのご無沙汰です。

更新の怠け癖がついて、なかなか作業をしない「とと」です。
ライザのその後についてお気遣いいただいてる皆さん、すいません。

さてライザの近況です、腰が安定しないのですが、一生懸命歩こうと頑張っています。
下の写真は、1月の5日にファルマと一緒に初詣に行ったときのものです。
腰を支えないとうまく歩けなかった頃ですが、腰の痛みは無くなり、目は生き生きとし
ています。
16.03.04.01.JPG

では、家ではどうかというと、ファルマのお母さん役を務めています。
ファルマが遊んでと言えば、よく遊んであげています。
16.03.04.02.JPG

でも、ファルマがあまりしつこいと・・・・・・
ガブと食べます!
16.03.04.03.JPG

2月の中旬には河津桜を見に行ってきました。
16.03.04.04.JPG

腰を介助してあげながらの散歩で、長い距離を歩くとライザが疲れてしまうので、休み
休みのお花見です。
ライザも久しぶりの遠出で、楽しそうにしていました。
16.03.04.05.JPG

下田の綺麗な海を見て、砂浜でボール遊びもしました。
走る事はできないのですが、頑張ってボールを追いかけていました。
16.03.04.06.JPG

2月の21日ははライザの誕生日です。
恒例のステーキディナーです。
ファルマもご相伴にあずかります。
16.03.04.07.JPG

お肉を焼く匂いに、目を輝かしてやってきたライザとファルマです。
ライザ、家の中を歩くことは、だいぶしっかりしてきました。
少しずつで良いので、良くなって欲しいと願う「とと」&「かか」です。
16.03.04.08.JPG

早く「よし」のコマンドを言って欲しげなライザさんです。
16.03.04.09.JPG

写真ではよく分からないのですが、よだれがすごいファルマです。
16.03.04.10.JPG

ライザ地方の今年の冬は雪が少なく、3月に入ったらすっかり雪が無くなりました。
これは先月、雪が降った後で庭に出してやった時のものです。
ライザは腰に「かか」手作りの介助帯を付けていますが、歩く分にはそんなに介助しな
くても大丈夫なまでになりました。
16.03.04.11.JPG

元気印のファルマは、家の中にいるときはストーブの前で甘えています。
(一部お見苦しいものが写っておりますので、画像処理しております。(^_^;))

16.03.04.12.JPG

ライザは11歳になりましたが腰以外は元気印!
眼にも力があり、毛づやも綺麗です。
少しずつでも良くなるよう、「とと」&「かか」がリハビリをしてあげます。
16.03.04.13.JPG

※自力で階段の上り下りが出来なかったライザですが、最近は1~2段ぐらいなら
自力で上れるようになってきました。
 走る事が出来ず、また長い距離が歩けないライザですが、少しずつ、少しずつ、
頑張っていきます。


ライザ、下半身麻痺になり最悪の夏でした。(2015.11.26) [ライザの日常シリーズ]

ながらくのご無沙汰でした。
実は、関節炎だと思っていたライザが6月の下旬から下半身麻痺になり、
8月の末まで寝たきりの状態になっておりました。
病名は「椎間板脊椎炎」、細菌が脊髄に入り麻痺を引き起こす病気です。
ライザの症状は高熱と痛み、それに下半身の麻痺でした。
排泄もできず、カテーテルで尿を取っておりましたが、入退院を繰り返
している中で膀胱炎も併発し、しかも原因菌が耐性菌というおまけ付き
でした。
自由にならない身体で高熱と痛みに耐えているライザを看ているのはと
ても辛い毎日でした。

でも、9月下旬頃から投薬+マッサージ+リハビリの効果が現れだし、
補助具を付けて排泄ができるようになり少しは希望が持てる状態まで
回復してきました。
この間、介助用の補助具をアメリカから取り寄せたり、床ずれ防止用の
マットや足先の保護のための室内履きを用意したりと、結構大変でした。
(この写真の補助具は、先代犬が使っていた物ですが、腰の落ちている
GSDには合わなくて、新たに何種類か購入したのですが、結局どれもピ
ッタリする物が無く、今は、「かか」手作りの補助具を使っています。
機会があったら、次回以降に紹介します。)
hojyogu1.JPG

現在は、なんとか自力で立ち上がり、短い距離なら歩けるくらいまでに
回復してきました。
しかし、まだまだ下半身の神経の麻痺は続いており、尻尾もご覧のとお
りあまり挙げることができず、足下もふらつき、すぐに尻餅をついたり、
後ろ足が絡んだりしてしまいます。
liza2.JPG

でも、弟分のファルマとリングの取り合いをするまでに元気になってきま
した。
下半身に力が入らないため、座ったような状態での取り合いですが、寝た
きりの状態からすると夢のようです。
toriai3.JPG

一方のファルマですが、相変わらずハイパーぶりを発揮し、元気すぎる毎
日を送っています。
kinobori4.JPG

そのファルマですが、頭に傷ができ、そこを掻き壊してしまいエリザベス
を付けることに。
何も考えていないファルマは、エリザベスを嫌がるわけでも無く平気で付
けていましたが、あっちこちにぶつけたり、水をこぼしたりと大変でした。
現在は直ったのですが、掻き壊したところが「禿げ」てしまい、今後毛が
生えなければ、頭に10円禿げのあるラブラドールになってしまいます。
「ファルマはね、頭に禿があるの!」:ライ
erizavesu5.JPG

現在は、ヨロヨロ歩きのライザも、ファルマと一緒にイタズラや仕事の邪
魔をするので、時々「座敷牢」の刑にあっています。
でも、「とと」&「かか」にしてみると良くここまで回復してくれたと、
うれしさの方が先になります。
rouya6.JPG

まだまだ十分に回復しているわけではありませんが、少しずつでも良くな
って、もう走ることは難しいかもしれませんが、また楽しく一緒に散歩が
できるよう頑張っていきます。
lizatofaruma7.JPG


5月のライザ&ファルマ(2015.06.08) [ライザの日常シリーズ]

ご無沙汰しておりました。

パソコンの入れ替えとライザの故障で更新が遅くなりました。
では、5月中に何をしていたのかを報告します。

まずは5月といえば花の季節。
ライザベースの石楠花もきれいに咲きました。
1.JPG

駐車場からドッグガーデンの入り口に続く芝桜も満開となっていました。
2 (2).JPG

ドックガーデンはと言うと、冨士桜やしだれ桜などの桜、西洋石楠花、
楓の新緑など一気に春満開となっていました。
2.JPG

そのドッグガーデンに放牧された姉弟は、花には興味を示さずひたすら
臭い取りに専念しておりました。(^_^;)
3.JPG

それでも車で30分ほどの桜で有名な霊園にお花見に行ったり。
4.JPG

別の桜で有名な公園に行ってみたりと、季節を満喫しておりました。
5.JPG

普段は、毎日ボール運動をしておりました。
6 (2).JPG

ファルマも、毎日毎日全力で運動しておりますので、全身筋肉になりつつ
あります。
6 (3).JPG

姉弟仲良く、全力でボールを追いかけておりました。
でも、ライザが高齢犬であることを忘れて運動をさせてしまい。5月下旬
関節炎を発症し、高熱を出してしまいました。
年齢を考えて、適切に運動量をコントロールしてやらなければならなかっ
たのに可哀想なことをしました。反省の毎日です。m(_ _)m

7.JPG

現在はライザの症状も良くなり、徐々にですが回復しつつあります。
でも今後は、年齢に合わせた運動をさせるよう気をつけます。(-_-)
家の中でも
相変わらず仲の良いライザ&ファルマ姉弟です。
6.JPG

本日の最後は、いつものように逆さ冨士とライザ&ファルマの姉弟写真
です。
現在の富士山の積雪は、この写真の1/3~1/4程度しかありません。
個人的にはこの位の積雪量の富士山が好きです。
次回のブログでは、元気になったライザの報告ができると思います。

8.JPG


祝 ファルマ、満2歳になりました!!(2015.04.01) [ライザの日常シリーズ]

ファルマ、満2歳になりました!
早いもので我が家に来て早4ヶ月。2013年4月1日生まれのファルマ2歳の
誕生日を迎えました。
「とと」がお店のホームページを作っていたのでブログのアップが遅れました
けれど、ちゃんと4月1日に誕生日祝ってあげました。

まずは10歳と2歳の姉弟。大好きなボール投げに夢中です。
この集中度、普段の様子からは想像すらできません。
1.JPG

2頭とも、良い顔してますよね~!
2.JPG

十分、満足行くまで走り回った後の車の中です。
満足げな笑顔、良いですね~!
3.JPG

家での仲良し姉弟、結構一緒にいます。
4.JPG

いたずらも一緒なので、姉弟そろって座敷牢です。
5.JPG

さて、ファルマの誕生日パーティーは?
まずはお芋とフルーツお祝いプレート。
6.JPG

もちろん、恒例のステーキもあります。
ファルマ、ライザ、それぞれ300g以上あります。
7.JPG

「この間ライザ姉ちゃんの誕生日に食べたのと同じだ!!」:ファル
8.JPG

またまた、キッチンの入り口でステーキが焼けるのを待つ「大食らい姉弟」です。
9.JPG

結構なボリュームの「ステーキ丼」です。
10.JPG

誕生日パーティー用のかぶり物も・・・・・・。
おっさん顔のファルマがかぶると・・・・・・・・・(^o^)
11.JPG

ライザにも用意しました。
まるで魔女のおばあさんでした!(^_^;)
12.JPG

「よし」のコマンドで食べ始めます。
ファルマの食べるのではなく、吸い込むように飲み込みます。
13.JPG

まさに、「あっという間」とはこのことです。
14.JPG

もちろん、お祝いプレートも瞬食でした!
15.JPG

暖かくなって、元気に食べて、寝て、走り回っている姉弟です。16.JPG













タグ:誕生日

ライザとファルマの近況と苺狩り(2015.03.13) [ライザお出かけシリーズ]

ライザ地方もようやく雪が消えてきました。
そろそろお出かけの季節です。ということで、今回は近況と苺狩りの報告です。

まずはいつもの場所でのパチリ。
湖面から氷も消えて、綺麗に逆さ富士が写っています。
湖面の左端の白い物は、つがいの白鳥です。
2015031301.JPG

ファルマ君、他のワンコと会うと腰が引けてしまい、いまいち上手に挨拶が・・・、
どんなワンコとも楽しく遊べるよう、ドッグランで訓練、訓練。
ということで、近所のドッグランデビューしました。
最初、尻尾はおまたに入れ、腰を落としていたファルマ君でしたが、苦手な
臭い
取りの儀式も何とか終了、無事挨拶ができました。

2015031302.JPG

まだ、初めて会う犬との挨拶はぎこちないですが、何度か経験すれば上手に
遊べるようになると思います。
ファルマ、訓練、訓練です!
2015031303.JPG

春と言えば「苺狩り」の季節。行って参りました!
昨年は石垣苺に行きましたが、中腰がきつかったので今年は棚で作るいちご園
に行きました。ワンコも歩きやすくてGoodです。
ファルマの食べやすい位置に苺があるのですが、一度、勝手に食べたらダメと
注意したら貰えるまで勝手に舐めたり食べたりしません。
なかなか良い子のファルマです。

2015031304.JPG

食欲全開姉弟。大きな苺を目の前にして2頭してよだれダラダラ・・・・!
この後、美味しそうに食べました。
2015031305.JPG

2頭して、5~6個ずつもらい、美味しくいただきました。
「美味しゅうございました。ごちそうさま。」:ライ

2015031307.JPG

車に戻ったライザとファルマ、満足げな顔をしております。

2015031308.JPG

近況報告では、変わり映えしませんが富士をバックのボール運動。
大好きなボール投げをしてもらえるので大集中のライザとファルマ。

2015031309.JPG

ボールを持って帰ってくる2頭。
さすが若いファルマ、ライザをおいて褐色の弾丸と化して突進してきます。
この後ファルマ、カメラを持つ「かか」に激突しました。
ライザも一生懸命走っているのですが、やはり歳なのですかね、少し寂しい気
がします。でも、「とと」よりはずっと早いのですけれどもね!!

2015031310.JPG

しばらく全力疾走して疲れたので休憩タイム。
それぞれお気に入りのボールを持ってお休みです。

2015031311.JPG

ファルマも来月には2歳。まだまだ性格はお子ちゃまですが体は筋肉がしっかり
ついてきて、日々成犬に近づいています。
元気な成犬になれるよう、運動と躾をしっかりしていきたいと思っています。

2015031312.JPG

満10歳のライザさん、相変わらずのマイペース婆さんですが、結構ファルマの
世話をしています。
これからも元気にファルマの面倒を見てくれるよう、健康に気をつけてあげます。

2015031313.JPG



おまけ
これ、何だと思います?
手作りお菓子屋さんで売っていたのですが、バウマークのマドレーヌ
良くできていますよね~。1個260円(位だったと記憶しています。)
食べたら結構美味しかったです!!!
きっとこのお菓子屋さんもワンコがいるのだと思います。

2015031314.JPG





タグ:苺狩り 犬

祝 ライザ10歳の誕生日! (2015.02.21) [ライザの日常シリーズ]

ライザ、無事に10歳の誕生日を迎えることができました!!!
2歳と4ヶ月で我が家に来て早7年と8ヶ月。月日が過ぎるのは早いですね~。

10歳になりましたが、弟分のファルマを従え毎日元気に過ごしております。
今月受けました「ワンコドック」、内蔵機能、循環器、骨格等全ての項目で異常
なし。問題は「根性」と「性格」だけとの結果でした。(^^)/
022101.JPG

ファルマが来てから運動量も増え、より健康になった気がします。
お昼寝も、日向でファルマと仲良くイビキをかいています。
022102.JPG

さて、誕生日といえばケーキ!
今年は「かか」が腕によりをかけて、作りましたね~!
サツマイモ、プレーンヨーグルトをベースにフルーツをトッピング!
なかなかゴージャスなケーキでしょ~。
022103.JPG

さて、ライザの誕生日といえば、年に一度ダイダイダ~イ好きなビーフステーキ
が食べられる日です。
今年も約300gのステーキ肉を買ってきました。でも、今年からファルマも家族
に加わったので、ファルマの分も追加で購入。お肉を目の前にして2頭とも、口
からよだれが・・・・・・・・。
「姉さん、ぼ、ぼ、僕の分もあるの?」:ファル
「あんたの誕生日にも私の分、用意するのよ。」:ライ
022104.JPG

誕生日のごちそうを用意しているのを、キッチンの入り口で今か今かと待って
いる胃袋姉弟。
こういう時は本当に良く集中します!
022105.JPG

ちょっと目を離していたら、ケーキの匂いを取りにライザ姉御がキッチンに
不法侵入!
「早く食べたいよ~!」:ライ

022106.JPG

我が家で一番大きい、US製32㎝のフライパンでお肉を焼きます。
022107.JPG

ミディアムに焼き上がったお肉。大型牛刀で切り分けます。
022108.JPG

ドッグフードにトッピングします。
お肉の量が多いので、普段よりドッグフードは少なめです。
022109.JPG

ライザとファルマ、2頭分の晩ご飯。
結構豪華です!
022110.JPG

ケーキを前によだれを我慢するライザ姉さん。(^o^)
022111.JPG


こちらは、ステーキを前に満面の笑顔のライザ姉さん。(^_^)
022112.JPG

元気に10歳の誕生日を迎えたライザ。これからも健康に注意して、ファルマと
楽しい毎日を過ごさせたいです。




下の写真は、富士山頂に日が沈む「ダイヤモンド富士」です。
散歩の時たまたま撮れたのですが、古いコンデジなので放射状の光は写せま
せんでしたが、ちょうど山頂に沈むところ、なかなかベストタイミングと自画自賛
しております。(^^;)
022113.JPG


前の10件 | -
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。